Top / シナリオ / 船上の最終決戦
HTML convert time: 0.006 sec.

シナリオ/船上の最終決戦

Last-modified: 2018-02-27 (火) 18:50:10

それでも俺は投降を呼びかける

勝利条件

  • 敵の全滅

敗北条件

  • アレスの撤退

ステージデータ

初期配置

自軍 西アレス他2人自軍 東他3人自軍 南他2人
敵軍 西ロザリアシュゼットノエミホーリーナイトx2ディフェンダー
敵軍 東ジェシカマリエルホーリーナイトx2ディフェンダー
敵軍 南リュグナーミシェルレンジャーx2ヘビーナイト

攻略

今までアレスは何度も投降を呼びかけてきたが、ここで選択肢が発生。
敵を殲滅するか、最期まで投降を呼びかけるかの2択。
どちらを選んでも闘うことになるが、投降を呼びかける方を選べば次の章へ進むことができる。
殲滅させた場合は戦争が終わらないという独立軍25章の上選択肢に似たバッド寄りのエンドになる。

中央の船上で3方向から同時に攻撃される配置。
リュグナー指令は三方向から攻められればひとたまりもあるまいと言い
実際三方向から攻められたら部隊が分散していてきついのだが、どういうわけか敵は自分からは突っ込んでこない。助かった。
船上は防御+5となっているため、一撃で倒せるはずの攻撃力でも1残ったりする。
なおネームドたちは倒しても無言で撤退する。
前の章では撤退時にセリフがあったのになんとも拍子抜けであるが、次の章で最後なのでまあ良しとする。

ちなみに小ネタとして、初期配置一番左下に置いた味方が4人以上かつ水兵を雇った場合、4人目の水兵ががその指揮官の左の海上に配置される。間が侵入不可地形なので、合流に大回りしないといけないため面倒。飛兵では未確認だが、騎兵や槍兵、歩兵の場合は4人目は海上ではなくちゃんと船の内側に配置されるので、水兵の場合にはわざわざ船の外の海上に置く処理をしていることになる。変なところで細かい対応がなされているが、その細かい拘りがこの場合は余計なお世話になっているあたりが何となく本作らしい。